こころの休憩室(心理コラム)

選択の力で未来を変える

選択の力で未来を変える

わかっちゃいるけど……

人生は選択の連続。よくそう言われますよね。

自分がどんな選択をするかで、人生はどんどんと変わっていきます。そう、今、この瞬間も、これから何が起きてどうなるのか、人生のストーリーは、リアルタイムで書き換わっているわけですよね。

しかし、私たちはともすると、今までの習慣や惰性で同じ過ちを繰り返しがちです。植木等さんじゃないけど「わかっちゃいるけどやめられない」んです。

問題解決の原則

何か問題が起きたときに役立つ、こんな原則があります。

「うまくいっていないなら、(なんでもいいから)今とは違うことをする」

つまり、選択を変えれば、問題解決に繋がる道を見つけることができるわけです。

この原則は、どんな悩みや問題でも同じです。「他にできることは何?」と自分に問い、思いついたアイデアを、何でもいいからとりあえず試してみると、意外なところから突破口が開けることがあります。

私は以前、自分が何をしたいのかがわからなくて、悩んでいた時期がありました。本を読んだり、頭の中で「何か自分に合う仕事はないか」と考え続けていたのですが、ある時「これじゃらちが開かない」と気づきました。

そこで、いろんなタイプのカウンセリングを受けてみて、最後に受けたカウンセリングで「人の悩みを解決できるカウンセラーってすごい!」と思い、今の仕事を見つけることができました。

もっとも、最初は「カウンセリングなんか受けても、やりたいことなんてどうせ見つかりっこない」とやる前からあきらめていたんですけどね(^^;)ゞ

選択は宇宙さえも動かす

何でもそうですが、受け身で嫌々やるのと、自分で決めてやるのでは、全く流れが変わってくるものです。やりたくない仕事を嫌々やっていると、効率も上がらないし、何より気分が良くありません。

しかし、どうしてもやる必要があることを、自分で「選び直す」と気持ちが全く変わります。「どうせやるなら楽しもう!」と前向きな気持ちで行ったほうが、全てがいい方向に進むんですね。

それに、変わるのは気分だけではありません。運も味方につけられるんです。後ろ向きな気持ちでやっていたのとは反対に、全ての流れがスムーズになります。ちょっと大げさに言えば、宇宙を味方につけているようなものです。

ある人は、苦手な怒りっぽい上司に対して「この人と協力していく」と心に決めただけで、他には何もしていないのに、なぜか上司が優しくなりました。そのくらい、選択することには、宇宙を動かすほどのパワーがあるんです。

もしも、今何かうまくいっていないことがあるなら、今までとは違うことをしてみてください。自分が思いついたことを、片っ端からやってみれば、必ず解決へと繋がります。

以前の私のように「こんなことしても無駄」とは考えず、まずは何かを試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 犠牲は誰も幸せにしない
PAGE TOP