こころの休憩室(心理コラム)

欲しいものほど手に入らないのはなぜか

こんにちは、スナフキンです。

欲しているものほど、手に入らないのはなぜか。

お金が欲しい。
恋人が欲しい。
結婚したい。
仕事辞めたい。
やりがいが欲しい。
幸せになりたい。

欲しいと思えば、「欲しいと思う状態」が現実化されます。つまり、欲しいと思っても、永久に手に入らないわけですよね。

健康オタクって、ちっとも健康そうじゃないですよね。健康になりたいっていう思いが、始終、ここが悪い、あそこが調子良くないという現実を創り出します。まあ、健康法を探しを、一種の趣味と思えば、それはそれで楽しいかもしれませんが。

でも、お金とか、結婚とか、仕事などの問題となると、ちょっと深刻かもしれません。

例えば、「いつもお金が足りない」となると死活問題です。正直、「それはあんたの趣味でしょ」とか言われても、受け入れられないですよね。

じゃあ、どうしたらいいかと言えば、お金が欲しいと思うほどお金が欲しい状態が続くので、その逆をすればいいんですよね。つまり、お金を欲しがらなければいいわけです。金なんていらねーよ、と思えばいい。

簡単ですよね。

え?そんな簡単に言うなって?
それができれば苦労しないって?

じゃあ、ちょっと視点を変えて、お話ししてみましょうか。

今現在、お金がないけど、それなりにやっていけてますよね。とりあえず、生きてはいる。たぶん、住む家もあるし、このメールも読まれているなら、携帯やパソコンも持ってる。他にもいっぱい何かしら持ってる。

お金が無いなりに、そこそこやっていけてますよね。実は、ちゃんと生きていけてる。生活もできてる。

お金、本当に必要ですか?そこまで、欲しい欲しいって、思う必要ってありますか?

ないですよね。

もしかすると、「お金足りない」「お金欲しい」って考えが癖になってるだけかもしんない。ほんとはお金は十分ある。お金以外も十分にある。何の問題もない。

ただ、何となく「まだ足りない」って思い込んでいる。たったそれだけのことかもしれませんよ。

これは、お金だけに限らず、全てそうです。「まだ足りない」って思い込むから、欲しい欲しいって、思っちゃう。逆に「十分足りてる」と思い込めば、有難や有難やって、思っちゃう。どっちを選ぶかで、現実は簡単に変わります。

私も、以前は「自分の天職が欲しい!」ってずっと思ってました。でも、あるとき、「あれ?今の状態って、どんな仕事でも選べるってこと?これってすっごい自由ってことじゃん!!」と思ったら楽しくなってきて、あれよあれよと天職に導かれました。

お金が無くって困ってるなら、嘘でもいいから、「私に必要なものは十分に与えられている」と、毎日100回、1ヵ月間つぶやき続けてみてください。

1ヵ月後、どえらいことになりますよ。

どえらいことになったら、美味しいものでもおごってください(笑)

関連記事

  1. セルフイメージは変えられる
  2. セルフイメージは上げてはいけない
  3. 天職は誰にでもある
PAGE TOP