こころの休憩室(心理コラム)

自分に自信を持つ究極の秘訣

自信のある人とない人には、決定的な違いがあります。

それは、頭の中の声の違いです。

自信のない人は、

「どうしよう、大丈夫かなあ」
「明日のプレゼン不安だ」
「なんでうまくいかないんだよ」
「しまった、失敗した!」
「あいつのせいで台無しだよ」
「めんどくさいなあ」

というように、自分を疑う言葉や、自分の気分を下げる言葉を常に思い浮かべています。

一方、自信のある人は、

「やった!!!うまくいった!!」
「やっぱり俺はすごいな!!」
「俺ってやっぱ天才だ!!!」
「あれ?失敗なんて俺らしくないぞ!!」
「次は絶対挽回してみせる!!!!」
「これができたら、スゴイぞ!!!」

(↑ビックリマークが多い・笑)

こんな感じで、自分を信じる言葉や、自分の気分を上げる力強い言葉を常に思い浮かべています。

特に大きな違いは、成功した時と、失敗した時の反応です。

自信のない人は、「失敗した!!」と失敗したことに意識を向けます。また、成功した時も、「とりあえずよかった」「たまたまうまくいった」という感じであまり喜ばないし、自己評価も極めて低いです。

一方、自信のある人が失敗すると「あれ?おかしいな、俺らしくないぞ。よし、次は絶対上手くいくはずだ!」と失敗したことを全く気にせず、すぐ、次の成功に意識を向けます。また、成功した時は、「やったぜ!!!! 俺ってやっぱすげーな!!!」とガッツポーズで自画自賛して、はしゃぐくらいに喜びます

自分に自信を持ちたいなら、自信のある人のように、成功したら「やった!!!やっぱり私ってすごい!!」と、はしゃぐほど喜び、失敗したら「あれ、私らしくないな。でも次は絶対上手くいくはず!!!!」と失敗を受け入れないようにしましょう。

ナポレオンが「余の辞書に不可能はない」と言ったのも、本当に不可能がなかった訳でなく、出来なかったことをすぐに記憶から消し去っていたからです。

ほんの小さな成功でも、成功したら「やった~~~!!!!」と大げさに喜びましょう。そして、失敗しても「どうした、全然自分らしくないぞ」と受け流しましょう。

これを、24時間、常に意識して、自然に肯定的な言葉が出るくらいに、練習してください。そうすれば、自分に自信がつき、あらゆることが、面白いほど上手くいくようになります。

ぜひ、実践して身に着けてくださいね(^^)

関連記事

  1. セルフイメージは変えられる
PAGE TOP