催眠カウンセリング、心理療法であなたらしい人生をサポートします。

こころのコラム

人の成長に不可欠な3つのもの 〜承認とは〜

承認とは

人の成長に不可欠なものが3つあります。
親からの、「愛情」「信頼」「承認」です。
今日はその中のひとつ 「承認」 についてお話します。

承認とは、ありのままを認めることです。
その人の感情や考え、意見などをありのままに受け止めるということです。

十分に分かってもらえていると感じたとき、安心感や、嬉しさを感じます。
分かってもらえていないと感じたとき、否定されていると感じたとき、悲しさや怒りを感じます。

必ずしも同情や共感、賛成は必要ではありません。
肯定するということです。
簡単に言えば「そうなんだね」という心の姿勢、態度、言葉です。

そして、一番大切なことは、存在そのものをありのままに認めること
つまり「個性」を認めることです。

個性を否定された子は自尊心が傷ついている

好奇心旺盛な子供に、
「どうしてあなたは落ち着きがないの!」と言ったり、
おしゃべりが好きな子供を、
「あんたってどうしてそんなにうるさいの!」
と親が言ってしまうと、子供は自分が否定されたように感じて傷つきます。

そして、何度も言われると子供は「してはいけないこと」として
学習し、自分がそういった行動をするたびに、
罪悪感を感じ、行動そのものをしなくなってしまいます。

否定されて育った子供ほど、自尊心は傷つき、消極的になってしまうのです。

親には理解できない子供の行動も、子供なりの意味があります。
子供には子供の個性があるのです。

自分の個性を認めたとき才能は開花する

自分で封じ込めていた個性に気付き、認めることができたとき、
眠っていた才能、自分らしさが目覚めます。

心理療法やセミナーを通して、あなたらしい人生をサポートすること。

それが、私の仕事です。

無料メルマガ「人生を変える魔法のレシピ」

こころの休憩室

統合カウンセリングコース

シータヒーリングコース

夢実現!コーチングコース

セミナー・講座

ご予約について

その他

守秘義務のお約束

所在地
長野県諏訪郡原村