カウンセリングであなたらしい人生をサポートします。

セッションで用いるスキルについて

複数のスキルを使い分ける重要性

潜在意識を扱うスキル

ひだまりの樹のカウンセリングは、心理療法という潜在意識を扱うためのスキルを使っています。
実際のセッションでは、複数の心理療法のスキルを臨機応変に使い、
あなたに最も適した方法で、問題の解決にあたっていきます。

ともすると、セラピストは自分の技法にクライアントさんを無理やりはめ込もうとしがちです。

しかしそれは、クライアントさんにとって大きな負担であり、
問題の解決に時間がかかるばかりか、解決そのものを難しくさせることに繋がりかねません。

クライアントさんに合わせた無理のないセッション

ひだまりの樹は、クライアントさんひとりひとりの個性や、問題、状況などにあわせ
さまざまな方法を選択できるよう、セラピストが複数の効果的な心理療法の技術を身につけ、
状況に合わせて使い分けることが重要だと考えます。

金槌一本では家が建ちません。
腕のよい職人ほどいい道具にこだわり、適材適所に使い分けるもの。

催眠カウンセリングは、さまざまな手法を織り交ぜ、
ひとりひとりにあわせてオーダーメイドのようにセッションを行います。

セッションで用いるスキル

ここでは、ひだまりの樹のセッションで実際に用いている心理療法の一部をご紹介いたします。

催眠療法など、一部の心理療法については、ひだまりの樹のスタイルに合わせ、
オリジナルのものを用いています。

1.解決志向ブリーフセラピー

2.NLP(神経言語プログラミング)

3.フォーカシング

4.イメージワーク

5.催眠療法(ヒプノセラピー)

6.副人格

7.インナーチャイルドヒーリング

8.未来順行

9.ゲシュタルト療法

10.セルフセラピーカード

11.シータヒーリング

無料メルマガ「人生を変える魔法のレシピ」

こころの休憩室

統合カウンセリングコース

シータヒーリングコース

夢実現!コーチングコース

セミナー・講座

ご予約について

その他

守秘義務のお約束

所在地
長野県諏訪郡原村