催眠療法、心理療法であなたらしい人生をサポートします。

恋愛セラピー3

昔付き合っていた、恋人のことが今でも忘れられません。

恋愛相談で、一番多いのが「昔の恋人のことを忘れられない。ついつい引きずってしまい、新しい恋に前向きになれない」という相談です。

どうして、忘れられないのでしょうか。
多くの人は、そこに心残りがあります。遂げられなかった想いがあるのです。

とはいえ、過去のことですから、今さらどうすることもできません。
これからの恋に、そのテーマは引き継ぐこと。
つまり新しい恋をすることが一番の方法ではないでしょうか。

過去は変えられなくとも、これからのことなら、いくらでもやり直しができます。

あるいは、もっと積極的に忘れるための方法もあります。
例えば、心理療法では、よく過去の思い出のイメージの書き換えということをします。
それは、過去に人からされた嫌な思い出を、本当はこうして欲しかった!というイメージに変換するという方法です。

しかし、それも、過去にこだわるという点で、あまりいい方法でもないと思います。
もちろんトラウマが深ければ、そういった方法もあっていいとは、思いますが...。
そうでないのなら、違うことに意識を向けていきましょう。

趣味や、遊び、勉強や、スポーツ、仕事に励んでみてはどうでしょうか。
そういう人は魅力的なので、異性が放っておきません。
新たな出会いも、そう遠くはないのではないでしょうか。

近くにまだ元恋人(あるいは振られた彼)がいて、忘れたくても思い出してしまう、ということもあるかもしれません。
物理的に距離をとれないのなら、余計に苦しいでしょう。
しかし、あなたは、「もうやれることはやったのだから」と割り切ることが大切です。
非情な言い方ですが、縁が無かったのです。

どうしても、ヨリを戻したいというときはどうすればいいか。
別れたときのシチュエーションを思い出してみてください。
喧嘩別れしたのか、そうでないのかで、ずいぶん違ってきます。
友達として、これからは付き合おう、そんな別れ方なら、まだ期待はあります。

どうしてかというと、相手は悪い気がしていないからです。
今は、恋人として見られないかもしれませんが、今後もそうだとは限りません。
時間がたてば、相手の気持ちも変わる可能性だってある。

ただし、そんなときこそ、自分の心持ちや、行動が試されます。
前向きな気持ちで、健気に一生懸命生きていれば、報われる可能性は十分あります。
そんなあなたを見て、もしかしたら再び惹かれていくかもしれない。

しかし、昔の恋人のことばかり考えていては、やはり、遠ざかる可能性のほうが高くなるでしょう。
あなた自身、なにも変わっていないからです。
まずは、自分の魅力を磨きましょう。

それも、外見だけでなく、内面から磨きましょう。
一日一回は、人に親切にする。
笑顔で挨拶をする。
目標を決めて、スポーツやダイエットをする。
夢のために、毎日勉強する。
新しいことを始めてみる。

小さな一歩一歩の積み重ねが、あなたの心を磨きます。
そして、輝く自分を目指していきましょう。

恋愛セラピートップへ戻る

無料メルマガ「人生を変える魔法のレシピ」

こころの休憩室

統合カウンセリングコース

シータヒーリングコース

夢実現!コーチングコース

セミナー・講座

ご予約について

その他

守秘義務のお約束

所在地
長野県諏訪郡原村