催眠療法、心理療法であなたらしい人生をサポートします。

恋愛セラピー5

恋愛が長続きしません。どうしたら、もっと関係を長続きできますか?

あまり知られていませんが、恋愛には、パートナーとの関係によって段階があります。
自分がどこの段階で止まっていたかを知ると、ヒントになるかもしれません。

ロマンスの段階

一つ目は、ロマンスの段階です。
これは、相手の全てが好き、どんなところもよく見える、といった感じです。
パートナーといるだけで、まさに幸せの絶頂かもしれません。

しかし、ひとたび離れると、まるで自分の中の大切な一部分が、無理やり切り離されたような気がしてきます。
それは相手の中に、まだ自分の満たされなかったものを憧れているためです。
「この人なら、きっと幸せにしてくれる」
「この人と一緒にいたら、幸せになれる」
そんな思いを抱くこともあるでしょう。

力争いの段階

二つ目は、力争いの段階です。
パートナーがいることに慣れてきて、自分に足らなかったものを満たしてくれるのを、当たり前だと思うようになります。
すると、相手のアラが見えてきます。

「なんで、こんなこともしてくれないの!?」
などと、相手を自分の思い通りにしようとかんしゃくを起します。
パートナーは自分の欲求や願望を満たすためにあるんだと、錯覚しているため、争いは絶えません。

人によっては、引きこもって態度で反抗するといった行動に出ることもあります。
ロマンスの段階が激しければ、激しいほどこの争いも激しいものになります。
しかし、ここを乗りきると、絆は強く、そして深くなります。

ここでのポイントは、とにかくコミュニケーションをとること。
お互いの意見が統合されるまで、よく話し合うこと。
お互いの感情を否定せず、尊重すること大切です。

休憩の段階

三つ目が、休憩の段階です。
相手に求めていた欲求が、収まってきます。
コミュニケーションをとりながら、お互いの感情が統合されて、一息ついた段階です。

しかし、ここで注意しなければならないのが、「相手は自分にとって必要ではない」といった気持ちになりやすいということです。
「一人でも平気だし、二人でいある必要があるのだろうか?」と思い始めると、もっとワクワクした関係があるのでは、と新たなロマンスを求めやすくなります。

実は意識の深い部分で、次の段階への準備がゆっくり進んでいます。
パートナーと関係を続けていくことを、もう一度選び直す(決意する)ことで、次の段階へと進んでいくことができます。

共同創造の段階

そして最後、四つ目が共同創造の段階です。
これは、二人がそれぞれ精神的に自立した関係です。
頼りあう関係から、自分ひとりでも必要なことはでき、二人ならもっと楽しいという関係になっていきます。

心の深い部分で繋がっていて「離れていても心はひとつ」という一体感を感じます。
カップルでここまでの段階に進んでいる人は、とてもまれです。
まさに人生を共に歩んでいく同志といった関係です。

この段階までいけば、関係は磐石です。
ただし、共同創造の段階まで進んでいる人は、とても少ないようです。

自分がどの段階で止まってしまうのかを考えてみてください。
そこにヒントがあるはずです。

恋愛セラピートップへ戻る

無料メルマガ「人生を変える魔法のレシピ」

こころの休憩室

統合カウンセリングコース

シータヒーリングコース

夢実現!コーチングコース

セミナー・講座

ご予約について

その他

守秘義務のお約束

所在地
長野県諏訪郡原村