催眠療法、心理療法であなたらしい人生をサポートします。

催眠とは

催眠とは

催眠術というと、よくテレビで見る、いきなりタレントさんがニワトリになったり、レモンを甘いといって食べたり、体が硬直して一歩も動けなくなったり、といったシーンを思い浮かべるのではないでしょうか。
催眠術によって暗示がかかった状態なので、あんなことができてしまうのですが、普通では考えられないことですね。

私たちは、日常生活の中で、普段から催眠状態を経験しているってご存知でしたか?
催眠状態というのは、ひとつのことに意識が集中して、ほかの事に意識が向いていない状態のことをいいます。
あるいは、うとうとと眠りかけのとき、半分眠ったような状態を指すこともあります。

要するに、顕在意識といって、理性が働きにくくなっている状態というわけです。

例えば、本に熱中していて、降りる駅を乗り過ごしてしまったり、テレビに夢中になって、家族に話しかけられているのに気づかなかったという経験はないですか?
あるいは、映画の世界に没頭して、ドキドキしたり、興奮したりしたこともあると思います。

これらも、全て催眠状態なのです。
意識が一点に集中しているので、理性の働きが抑えられて、暗示にかかりやすくなったり、想像力が働きやすくなっているのです。
その催眠状態を、人工的というか故意に作ろうとするのが、いわゆる催眠なのです。

催眠術でなにができるか

実際、催眠でなにができるのかというと、次のようなことができます。

・集中力を養える
・寝つきを良くすることができる
・ダイエットや、禁煙などを楽にする
・起きながらにして、夢を見ることができる
・能力を上げることができる
・イメージによる暗示がかかりやすくなる

など、まだまだあると思いますが、だいたいはこのようなことで、後はその応用です。
催眠術ショーでは、特に「能力を上げる」ことや、「暗示がかかりやすくなる」ことにより、命令されたことをやってしまったり、普段では考えられないような能力を使ったりといったことをやっているのです。

ただし、これは魔法ではないので、誰にでもできるのかというとそうでもないのです。
何故かというと、ひとつは、被験者の集中力や、想像力の問題があります。
つまり、有る程度の集中力がないと、暗示がかかりにくいのです。思い込みの強い人は、実は集中力のある人とも言えるわけです。

それから、想像力がないと、言葉からイメージができずに、暗示がかかりにくくなります。
「腕が重くなっていきます」と言われても、それをリアルに想像するだけの力がないと、暗示にかからないのです。

だから、催眠ショーでは、予め催眠にかかりやすい人を、リハーサルで選んでおいて、そういう一部の人に催眠術をかけるわけです。種も仕掛けもあるのです。

催眠術は、ショーとして人に見せることが目的ですから、かかりたい人は喜んでかかるし、かかりたくない人は、かからないのです。タレントさんには、人に見られてなんぼという世界の人たちなので、無意識に喜んでかかってしまうというわけです。

催眠療法と催眠術との違い

催眠術と、催眠療法では、実はやりかたが全く違うのです。似て非なるものなのです。
これは、なぜかと言えば、目的が違うからです。

催眠術は、人に見せること、ショーとしての興行が目的ですから、おもしろい現象ばかりにクローズアップして、技術が作られてきました。
被験者に命令することで、術者がコントロールすることが特徴です。

一方、催眠療法は、主に治療を目的として進化してきました。
クライアントに命令をすることはまずなく、クライアントの潜在意識に結果をゆだねることが特徴です。
なぜなら、クライアントの潜在意識が持っている自己治癒力を信頼しているからです。

私は、心理療法家なので、催眠術はできません。
メカニズムとしては理解できるのですが、技術が無いのでできないのです。
人を操るようなことは必要が無いので、学んでいないのです。

ココロの休憩室

無料メルマガ「人生を変える魔法のレシピ」

こころの休憩室

統合カウンセリングコース

シータヒーリングコース

夢実現!コーチングコース

セミナー・講座

ご予約について

その他

守秘義務のお約束

所在地
長野県諏訪郡原村