統合カウンセリングであなたらしい人生をサポートします。

統合カウンセリングでできること

心や人間関係を癒す

カウンセリングの目的のひとつは、心を癒すことです。
傷ついた心を癒すこと、また、人間関係を癒す(修復する)こともできます。

多くの悩みは、人間関係のなかから生まれます。
仕事の悩み、恋愛の悩み、家族の悩みなど、 そこには、人と人との心の営みが深く関わっています。

そして、元をたどれば家族間での関係性の問題ともいえるでしょう。
両親、兄弟、祖父母との関係を、社会で再現していると言われています。

例えば、会社に嫌いな上司がいるいった悩みの真相が、
自分の父親の嫌いな部分と重ねている、といったようなこともあります。
両親との関係を癒すことで、上司との関係が改善したといったことも、実際に少なくありません。

また、例えば彼が浮気をするといった悩みも、父親との関係性の中に原因があることもあります。
子供のとき、父親が浮気をしていたことに傷つき、「男は女を裏切るから信用してはいけない」といった認識を持ってしまうこともあるかもしれません。

カウンセリングは、そういった過去から引きずっている出来事や人に向き合うことで、
未完了の体験を完了させ、心のバランスを取り戻すことができます。

カウンセリングは心の成長にも役立つ

また統合カウンセリングでは、潜在意識に働きかける方法を用いるため、
心の成長、もっと大きな意味では魂の成長にも役立ちます。

人は長い人生のなかで「心のブレーキ」をいくつもかけています。
そこには「自分を守る」という、重要な役割があります。

しかし、なかにはもう役に立たない、むしろあなたの足を引っ張っている「心のブレーキ」もあるのです。 ときに、その「心のブレーキ」が、あなたを苦しませ、悩みの種となります。

例えば、泳げない人がいるとしましょう。
原因は、子供の頃に足がつって溺れかけ、水が怖くなってしまったことだとします。
潜在意識は「水=危険」と捉え、水の中に入るたびにその時の恐怖がよみがえるようにします。
潜在意識の重要な役割のひとつは、自分を守ることなので、
このような感情を引き起こすことでブレーキをかけているのです。

理屈で考えれば、足がつったことが溺れかけた原因なのだから、
次からは準備体操をして、足がつらないようにすることが改善策かもしれません。
しかし、水の近くに行くと、条件反射的に恐怖心で体が硬直し、
泳げなくなってしまうということが起きるのです。

カウンセリングでは、そんな誤った認識を、
頭ではなく 心と体(潜在意識)のレベルで、再認識することができます。
過去は変えられませんが、過去に対する認識を変えることで、
心と体の反応を変えることができるのです。

他にも、統合カウンセリングで用いるスキルは、
集中力をつけたり、平常心を養う、願望を叶えるなど、
非常に応用範囲の広いスキルです。

一流のスポーツ選手や、実業家、政治家たちが、意識的、
あるいは無意識的に使っている方法を用いることもあります。

このように、統合カウンセリングは癒しだけでなく、
心に関することに幅広く役立てることができます。

無料メルマガ「人生を変える魔法のレシピ」

こころの休憩室

統合カウンセリングコース

シータヒーリングコース

夢実現!コーチングコース

セミナー・講座

ご予約について

その他

守秘義務のお約束

所在地
長野県諏訪郡原村