催眠カウンセリングであなたらしい人生をサポートします。

統合カウンセリングを受ける心構え

1.変化を楽しむ

人は、変わることを無意識に恐れます。
変わるとき、今まで持っていたものを、失うように感じるからです。

「変わる」というとなんだか、別なものになってしまうという感じがしますが、
実はそうではありません。
より自然な形へ戻っていくということです。

また、変化を受け入れるコツは、はじめから大きなことをしないことです。
何かを始めようとするときも、いきなり無謀なことをしないことが大切です。

はじめの一歩は小さく、そしてだんだんと大きくしていくことです。
あとは、ドミノ倒しのように、大きな変化が生まれていくのです。

「変化」をむしろ、楽しみましょう。
楽しむことで、より潜在意識と繋がりやすくなり、効果が上がります。

2.「変わる」という意志を持つ

言わずとも、皆さん現状を変えたいとお思いでしょう。
「絶対、変わるんだ!」
そう心に決めていたことで、奇跡的な変化を遂げられたクライアントさんもたくさんいます。

どうせやるなら、本気でセッションに取り組んでください。

3.自分の人生に責任を持つ

催眠カウンセリングは、セラピストがマッサージのように一方的に施術するものではありません。
クライアントが、必要な気付きを感じられたり、変化を遂げられるように、
セラピストが お手伝いをすることしかできません。

冷たいようですが、助けてくれと言われても、セラピストはどうすることもできないのです。

自分の人生に責任を持てば、すべてが自分の意思で決められます。
自分が本当に望む環境を選ぶこともできるし、自分が望む状況を創ることもできるのです。
自分の感情でさえ、自分で選択できるのです。

「自分の幸せは自分しだい」で創ることができます。
自分の人生すべてに責任を持つことが、悩みを克服するときにとても役立ちます。

4.日記を書き、自分を褒める

日記を付けると、効果的です。
自分のことは客観的に捉えづらいため、小さな変化には気付きにくいものです。
小さな変化を見つけて、日記に書いていくことで、効果を自覚でき、やる気に繋がります。

また、その日あったよかったことや、自分が頑張ったこと、
結果に関係なく頑張ってみたことも日記に書いておきます。
そして、頑張ったことに対して、自分を褒めるコメントも書いておきます。

自分が落ち込んだときや、やる気がダウンしているときに日記を読み返すと、
「自分ってけっこう頑張ってるなあ」「自分ってえらいなあ」と感じられて元気が出ます。

(できなかったことを書いたり、自分を責めるようなことは書かないでくださいね)

どんな小さなことでも、頑張ってやったことには、自分を褒めてあげましょう。
たとえ結果が芳しくなかったとしても、行動そのものを褒めてあげてください。
褒めることは、自己価値感とやる気を高めるとてもいい方法です。

5.行動課題をする

セッションが毎回終わるたびに、「行動課題」を作ります。
「行動課題」はクライアントさんとセラピストが一緒に考えて作ります。
(場合によっては、こちらからやっていただくことを決めることもあります)

課題に対して受身ではなく、自主的に取り組んでください。
「もっとこうしたほうが効果的かも」と思いついたら、
どんどん工夫して変えていってかまいません。

また「実際に課題に取り組んでみたら、やり方がわからなくなった」
「やってみたら、難しくて続かなかった」という方もいます。
そんなときは、そのままにしないで、メールなどでどんどん質問したり、状況を教えてください。

こちらから、できる限りのフォローをします。

また、「課題」というと宿題みたいだと拒否反応を起こされる方もいらっしゃるかもしれませんが、
そんなに難しいものではありません。
第一、クライアントさんご自身が納得したことを決めるわけですから、
できないような事はやりません。

なるべく楽しくできるようなものを一緒に考えましょう。

いろいろとあげましたが、自分にできることを、ひとつでもいいのでやってみてください。

無料メルマガ「人生を変える魔法のレシピ」

こころの休憩室

統合カウンセリングコース

シータヒーリングコース

夢実現!コーチングコース

セミナー・講座

ご予約について

その他

守秘義務のお約束

所在地
長野県諏訪郡原村