催眠療法、心理療法であなたらしい人生をサポートします。

あなたもできる!?心理療法入門

ここでは、一人でできるセラピーについて少しご紹介していきます。

フォーカシング
フォーカシングは、心の声を体を通して聞く心理療法です。
悩んでいるときや体に症状が出ているときなどに、自分の体の感覚とコミュニケーションをとることで、癒していきます。

@体に質問する

「今、一番私と話したがっている、体の部分はどこかな?
...喉かな?...胸かな?...みぞおちのあたり?...下腹?」
というように、一呼吸ごとにこの順番で、体の感覚を探っていきます。
すると、ある一部分が気になります。

例えば、胸が苦しい、痛い、重い、とか、おなかが重い、痛い、締め付けられるなど、体に違和感を感じます。
それを「フェルトセンス」といいます。

Aフェルトセンスにあいさつする

今度は、その違和感を感じたところに、あいさつします。
手でやさしく、そこを押さえながら、その感覚にそっと近づくような気持ちで(おなかの子をいたわるような感じで)微笑みながらこういいます。

「こんにちは、あなたがそこにいることをちゃんと知ってるよ。そのままでいいよ、大丈夫だよ。」
そして、フェルトセンスの反応を感じます。
すると何か、言葉のようなものが伝わってくるかもしれません。テレパシーのような、あるいは心の声のような感じで。
その言葉や、感情を受け止めてください。

Bフェルトセンスと一緒にいてあげる

今感じているその感覚にもっと近づいていってあげましょう。そして、仲のいい友達と並んで腰掛けているように、やさしさと好奇心をもって、隣にいてあげてください。
あるいは、泣いている赤ちゃんをあやすように、やさしい気持ちで抱きしめてあげてください。
そして、その感覚にやさしく微笑みかけてあげましょう。

C名前をつける

フェルトセンスに、自分が感じている感覚を伝えて確認します。
「おなかが重苦しいって感じがするんだけど、その感じでぴったりかな?」
すると、フェルトセンスが、「そうだ」とか「ちょっと違う」など、答えてくれます。

あるいはぴったりな気がするとか、何か違うなとか感じますから、その感じを受け止めてください。
そして、しっくりくるまで、その言葉をみつけてください。

今度は、名前をつけてあげましょう。
たとえば、重苦しいから二文字とって「おもちゃん」とか、「おもくん」とかかわいらしい名前をつけてあげます。
そして、その感覚に聞きます。
「〜ちゃんって呼んでもいいかな?」

その名前で呼んでも嫌がっていなければ、手をやさしくあてながら、
「〜ちゃん、大丈夫だよ、そばにいるよ」
と寄り添うようにしてあげます。

D感謝する

その感覚に向かってこういってあげましょう。
「ありがとう。いつもあなたのことを大切に思ってるよ。」
感謝して、セラピーを終えます。

E繰り返す

もし、次、また嫌なことがあったり、思い出したりして、その感覚がでてきたらこういいます。
「〜ちゃん大丈夫だよ...。大丈夫だよ...。」
すると、その感覚が暴れなくなって、心が落ち着いてきます。

無料メルマガ「人生を変える魔法のレシピ」

こころの休憩室

統合カウンセリングコース

シータヒーリングコース

夢実現!コーチングコース

セミナー・講座

ご予約について

その他

守秘義務のお約束

所在地
長野県諏訪郡原村