カウンセリングであなたらしい人生をサポートします。

よくあるご質問

カウンセリングについてのご質問

Q1.セッションは何回くらい受ければいいのですか?
Q2.催眠というとちょっと怖いのですが・・・
Q3.催眠で前世を見ることはできますか?
Q4.催眠状態ってどんな感じがするのですか?
Q5.セッションを受けて本当に効果は得られるでしょうか?
Q6.カップルや家族同士で受けることはできますか?
Q7.延長料金はかかりますか?
Q8.入室は何分前からできますか?
Q9.現在精神科に通院中です。セッションを受けることはできますか?
Q10.家族(子供、夫、妻)に問題があります。セラピーを受けさせたいのですが・・・

Q1.セッションは、何回くらい受ければいいのですか?

その方の状態や、問題など個人差がありますので一概には言えません。
普通に社会生活が営めている方なら、3回くらいで解決される方が多いです。
もちろん、それ以上にかかる可能性もありますし、もっと少ない回数で改善することもあります。

また、より効果を早めるためにも、セッションへの積極的なご参加をお願いします。

Q2.催眠というとちょっと怖いのですが・・・

催眠カウンセリングは、よくテレビでみかける催眠術とは、まったく異なります。
みなさん、催眠というと、何かに操られて恥ずかしいことをさせられる、記憶の無い状態で何をされるか不安、といった印象をお持ちの方がいるのですが、まったくの誤解です。

催眠状態とは、一種の集中状態、没頭状態のことを指します。
例えば、漫画を読むことに集中しすぎて、電車を乗り越してしまったとか、ゲームに熱中していて、話しかけられていることに気づかなかったとか、友達と話をしていたら、あっという間に時間が過ぎていたとか、そんな経験が誰にでもおありだと思います。

実は、それも一種の催眠状態なのです。
自分の世界に没頭しているときと言えば、わかりやすいかもしれません。

催眠状態は、顕在意識(理性)の働きが抑えられ、それに伴って潜在意識が働きやすくなっている状態ですが、意識ははっきりとしていますし、意志もあります。

また、やりたくないことをやってしまう、言いたくないことを言ってしまうといったこともありません。
それは、潜在意識の重要な役割のひとつが、「自分を守ること」であるからです。

催眠ショーで、おかしなことをしているのは、皆タレントさんですよね。
「目立ちたいから」「笑わせたいから」やっている、つまり自分の意志がそこにあるのです。

Q3.前世を知りたいのですが

「前世療法」という催眠療法で、知ることができます。
ただしそれが、空想なのか、本当の前世なのかはわかりません。

ただ、ひとつ言えることは、そこで体験したことは全て、潜在意識からのメッセージだということです。
重要なのは、その体験から何を学ぶかだと思います。

また、必ずしも全ての方が、はじめから前世を体験できるわけではありません。
受ける方の、催眠状態への入りやすさ、 イメージ力、創造力などに大きく左右されます。
はじめて受ける方は、セッションを3回は受ける心積もりでいてください。

Q4.催眠状態ってどんな感じがするのですか?

誰でも、一度は体験してみたいという、好奇心はあるのではないでしょうか。

催眠状態は、とても心地よいリラックスした状態です。
そのため、夢を見ているときのようにイメージが浮かびやすくなります。
画家の方で、インスピレーションを得るために催眠を受けている、という話も聞いたことがあります。

ひだまりの樹の催眠カウンセリングを受けた方の多くは、「えっ?これが催眠状態だったの?」という感想を持つようです(期待が大きいとがっかりするかもしれません・笑)。
セッションでは、普通に会話したり、目を閉じてイメージしたりするのですが、
実は、自然に催眠状態に入れるように誘導しています。

Q5.セッションを受けて本当に効果は得られるでしょうか?

人それぞれ、悩みの深さ、問題の質が違います。
また、性質上、効果を保障できるものではありません。

そういった質問をされる方には、逆にこう質問しています。

「効果を保障してくれれば、やりますか?
  それは、もしかして、今まであなたがしてきたやり方ではないでしょうか。
  損得などリスクを気にして、行動をしないことが普段からありませんか?」

未知の世界へのはじめの一歩は、誰でも怖いと思います。
失敗を恐れて何もしないのか、それともリスクを取って一歩を踏み出すのか。
ご判断はあなたに委ねます。

また、セッションを受ける前に「セッションの効果を最大限に受けとる」「絶対に変わる」
と決めてきてください。
そうすれば、望むような成果をきっと得られると思います。

Q6.カップルや家族同士で受けることはできますか?

カップルや家族ご一緒にセッションを受けていただくことは可能です。
また、料金は二人同時に受けられる場合も、1セッション分と同じです。

問題のなかには、夫婦関係や、親子関係など、パートナーやご家族の協力が必要になることもあります。
その場合、ご一緒にいらっしゃる方の承諾を得た上で、いらしてください。
また、事前にご一緒にいらっしゃる旨を、こちらにお伝えいただけると幸いです。

Q7.延長料金はかかりますか?

お客様のご希望で時間を延長をしたい場合は、10分につき延長料が1500円かかります。ただ、こちらのスケジュール上、延長ができない場合もありますのでご了承ください。

基本的には、時間内にセッションが終わるよう進めていきますので、延長の必要ありません。また、終了時間の前に、お時間をお知らせするよう心がけておりますので、ご安心ください。

Q8.入室は何分前からできますか?

セッション開始時間の10分前からご入室いただけます。
何分、一人で対応させていただいておりますので、ご理解とご協力のほどをお願いいたします。

Q9.現在精神科に通院中です。セッションを受けることはできますか?

原則として、精神科、心療内科、神経科などの病院に通院中の方、治療薬を摂取中の方のセッションをお断りをしております。
理由は、状態によっては症状を悪化させることもありえるからです。

それでもセッションを受けたいという方には、セッションでお話を伺うだけで終わってしまうこともありうるということをご了承いただいております。実際にお会いしてお話を伺い、どんな状況なのか理解した上で、ワークをするかどうか判断させていただいております。

ご理解くださいますよう、お願いいたします。

Q10.家族(子供、夫、妻)にセラピーを受けさせたいのですが・・・

「子供が不登校なので、子供にセラピーをしていただけますか?」
「夫がDVなのですが、夫にセラピーをすることは可能でしょうか?」
「夫が働いてくれません。夫にカウンセリングを受けさせたいのですが・・・」
そういった質問を、時折りお受けします。

家族やパートナーに問題がある場合、問題を起こしている本人ではなく、問題の被害を受けて困っていらっしゃる方に、セッションを受けていただくことになります。
例えば、不登校にお悩みのお母さんであれば、お母さんがセッションの対象になりますし、ご主人のDVにお悩みの奥様であれば、奥様がセッションを受けていただくことになります。

本人に問題があるのに、どうして自分が受けなければいけないの?と思うかもしれません。
実は、多くの場合、問題を起こしている本人よりも、被害を被っている人のほうが、苦しいものです。
その苦しみを、まず自分で解決することが重要なのです。

また、例えば、不登校の子供を正そう、変えようとするとき、子供は自分を「否定された」と感じるものです。変わりなさいと言われると、抵抗が大きくなります(特に身内にはそうですね)。

まず、その問題で最も困っている方、つまりあなたがセッションを受けてください。
結果的にはそのほうが、問題を引き起こしている人との関係もうまくいくようになるはずです。

無料メルマガ「人生を変える魔法のレシピ」

こころの休憩室

統合カウンセリングコース

シータヒーリングコース

夢実現!コーチングコース

セミナー・講座

ご予約について

その他

守秘義務のお約束

所在地
長野県諏訪郡原村