こころの休憩室(心理コラム)

幸福は最大の復讐である

人は今が不幸だと、

「親の育て方が悪かったから」

「あのときのトラウマのせいで」

「あいつが私を捨てたから」

など、

「過去にあんなことがあったから
自分はうまくいってないんだ」

という被害者意識に陥りやすいです。

しかし現金なもので
今が幸せだと

「あの体験のおかげで成長できた」

「あれがきっかけで幸せになれた」

など、どんな辛い過去も
前向きに捉えるようになります。

根っからポジティブな人は
「辛い経験も成長の糧になるよ」
と言いますが、

落ち込んでいるときに
そう言われても
私は全くそう思えませんでした。

ネガティブな気持ちのときは
無理にポジティブに
なろうとしなくていいんです。

親が憎いなら憎んでもいい。

捨てた恋人が憎いなら憎めばいい。

いじめたあいつが許せないなら
許さなくたって構わない。

大事なことは、

「あんたのせいで
 私はこんなに不幸なんだ」

と相手の非を
^^^^^^
証明しようとすることをやめ、
^^^^^^^^

「見てろ!あんたが悔しがるほど
 幸せになってやるから!」

と自分が思いっきり
幸せになることで
復讐を遂げることだと思います。

自分が幸せになれば、
許せなかったあいつのことも
許せるようになりますが、

今はそんなことよりも

=============
「絶対に幸せになる!」と
コミット(決断)すること
=============

幸福こそ最大の復讐。

思いっきり幸せになって
憎いあいつを
ぎゃふんと言わせてやりましょう。

関連記事

  1. セルフイメージは上げてはいけない
PAGE TOP