こころの休憩室(心理コラム)

天使と悪魔の対話

こんにちは、心理セラピストの竹内ともひろです。

前回までのメルマガで、自己受容の大切さについてお話してきました。自分を受け入れていると、幸せを感じやすいし、たとえ失敗したとしても、心の土台に安心感があるから、あらゆることに挑戦ができます。

自己受容は、子供時代にどんな環境で育ってきたかが大きく関わっています。ただ、子供時代の環境に恵まれなかったからと言って、手遅れということはありません。大人になってからでも、自己受容感を強化することは十分に可能です。

じゃあ、どうしたら自己受容ができるようになるのか?それには、大きく2つの方法があります。

1つは、どんな自分も肯定する習慣を持つこと。もう1つは、人からどんな自分も肯定してもらえる環境を持つこと。片方だけでも効果がありますが、望ましいのは、2つを同時に行うことです。

今回は【どんな自分も受け入れる習慣】についてお話したいと思います。

具体的にどんなことをするかというと、いくつか段階があるのですが、一番最初にするのは【自己否定を止める】という習慣を作ることです。

どうせ自分なんて……
自分はなんてダメなんだろう……
こんなこともできないなんて……
ここもダメだし、あそこもダメだし……
また失敗してしまった……

そんなネガティブな心のつぶやきに「そんなことないよ」「大丈夫だよ」とフォローをしていくんですね。これは、自分の中にある、悪魔の囁きに、天使の声が慰めるというイメージです。

どんな人の中にも、天使のような人格があります。ただ、自己受容ができない人は、天使の存在感が薄いんですね。一応、天使の声もするのですが、悪魔の声が大きすぎて、ほとんど聞いていないんです。

例えば、こんなワークも有効です。

*********

手のひらの片方に悪魔の自分、もう片方に天使の自分を載せます。そして、手を耳に近づけて、悪魔の言い分を聞いてあげます。

「お前なんて大したことないだろ」
「ほんと、全然ダメだな」

ふんふん、なるほど。そうなんだ。
教えてくれてありがとう。

まずは言い分を否定せずに全部聞いてあげます。

次に、天使の声を聞いてあげます。

「そんなことないよ」
「大丈夫。たくさんいいところがあるよ」

ふんふん、なるほど。そうか、そうか。
教えてくれてありがとう。

これも、否定せずに全部聞いてあげます。

次に、両手を拝むように合わせて、天使と悪魔のエネルギーが一つに混ざり合い、溶け合うところを想像します。最後に、両手を胸に当てて
溶け合ったエネルギーを身体の中に取り込み、深呼吸します。

*********

これは、NLPの「統合のワーク」と呼ばれるものですが、潜在意識レベルでの変化を促すことができます。他にもいろんなワークがありますが、大事なことは「どんな自分も否定しない」ということです。これを習慣にするには、ある程度、練習が必要です。

ただし、ぶつぶつと独り言が増えるという副作用はあるかもしれません(笑)

どんなことでも言えますが、習慣化には「変わりたい!」という強い動機が必要です。でないと変化がすぐに現れないと
「やっぱり無理」とあきらめてしまいがちだからです。「変わる」意欲さえあれば、時間はかかりますが、誰でも自己受容感を強化することはできます。

絶対に変わるぞ!という意志を持って取り組んでみてください。

次回は【どんな自分も肯定してもらえる環境を持つこと】について、詳しくお話しますね。

 

●編集後記

先日、ライトワーカー起業塾のグループレッスンがありました。

夏至ということもあり、自分の心の「影」が強く出てきている人もいました。

ネガティブな感情は何かと嫌われがちですが、実は、そんなときこそ、自己受容の絶好のチャンス。
しっかり自分と向き合って、最後はスッキリされていました(^^)

関連記事

  1. セルフイメージは上げてはいけない
PAGE TOP