こころの休憩室(心理コラム)

●楽しいことは全部「無駄」

こんにちは、
心理セラピストの
竹内ともひろです。

楽しいGWも今日で最後ですね。

おうちでまったりしている方も
多いかもしれません。

それはさておき、
楽しいことって「無駄」ですよね。

(え?なんで!?)

ごめんなさい、
言い方を間違えました。

楽しいことが無駄ではなく、

「無駄なことほど楽しい」

って言いたかったんです。

やらなきゃいけないことって
あんまり楽しくないですよね。

それより楽しいのは、
ゲームとか遊園地とか、
別に必要ってわけじゃないけど
なんかついやっちゃう、
みたいなものだと思うんです。

意味や目的ばかりに囚われると
ちっとも楽しくないし、
どんどん病んでいくんですよね。

私が病んでいた頃は、

なんのために生きてるの?

どんな目的で生まれてきたの?

みたいなことばっかり
考えていました(^^;)

たぶん、ふわちゃんに聞いたら

「んなもん、楽しいからっしょ!」

と言われて終わりですよね(笑)

無駄を極めた人のことを
「趣味人」と言いますが、
趣味が多い人ほど
人生の充実感は大きいです。

マッチ箱を集めて旅してる人や
痛車にうん百万円かける人を見て

「もったいない!」

と思ったりもしますが、
本人は楽しくて楽しくて
仕方がないんでしょうね。

風の時代は、
地の時代の価値観が
180度ひっくり返ります。

つまり、無駄と思われていたことが
価値あることに変わるんです。

効率よりも楽しさが大事です。

無駄をとことん楽しみましょう。

人から見たらアホみたいなことに
のめり込みましょう。

そこから人生が動き始めますよ。

=============
●編集後記
=============

うちの前の山桜の花びらが
ひらひらと舞ってきれいです。

山桜は遅咲きだし、
うちは標高も高いので、
まだ桜が咲いてるんです。

同じ日本なのに面白いですね。

関連記事

  1. 決めることで未来は変わる
PAGE TOP