こころの休憩室(心理コラム)

風の時代の成幸法則

●人柄主義の時代

風の時代は
「見えないものに価値がある」
と言われています。

時代の流れなのか、
こんな話があります。

Google の人事担当者に
どんな人を採用するんですか?
と尋ねたところ、

「Good-natured person」

と答えたそうです。

Good-natured personとは
(生まれつき)いい人
という意味です。

つまりGoogleの人事採用者は
仕事ができるかどうかの前に
「人間性を重視する」
いうんですね。

優秀な人ほど、
個性的でこだわりも強いので、
組織で揉め事を起こしやすい。

それが原因で、
プロジェクトが頓挫したり、
無駄な時間が膨大にかかる。

だから、
優秀な人材は外部で雇い、
社内には揉め事を起こさない
いい人がいいんだそうです。

いい人と言えば
日本人の専売特許。

これからの時代、
世界の大企業で
日本人が引っ張りだこに
なるかもしれません(笑)

 

●人として正しい行いをしているか

見えないものが重視される
ということは、
中身が大事だということです。

地の時代には、
多少、人として歪(いびつ)でも、
お金を稼いでいれば、
成功者として崇められました。

また、なぜかお金持ちというだけで
すごい人と思われていました。

しかし、そういった
”ズル”が通用しなくなるのが
風の時代なんですね。

人が見ているところでも、
見ていないところでも、
正しい行いができているか?

ここがとても大事になります。

もちろん正しさと言っても、
人それぞれ違います。

正しさとは、
あくまで自分が心地よいと
感じる基準であり、
他人が決めるものではありません。

自分が心地よいと
感じる基準は人それぞれです。

自分がどんなときに心地よいか。
逆にどんなとき心地が悪いか。

自分の基準を知ることが
風の時代に成幸する
第一歩になるんです。

関連記事

  1. 天職は誰にでもある
  2. セルフイメージは上げてはいけない
PAGE TOP